バーナード・"プリティ"・パーディ Bernard Purdie、Bernard "Pretty" Purdie

バーナード・”プリティ”・パーディ

(Bernard Purdie、Bernard “Pretty” Purdie、1939年6月11日 – )は、アメリカのドラマー。

セッション・ドラマーとして、ソウル、R&Bを中心に多数のレコーディングに参加した経歴を持つ。

【略歴】 メリーランド州エルクトン生まれ。

高校卒業後にニューヨークへ移り、セッション・ドラマーとして活動を始める。

キング・カーティスのドラマーを務めて名を上げ、1970年からはアレサ・フランクリンのバックバンドのバンマスを務めた。その後もソウル、R&B、ロック、ジャズ、フュージョンと幅広いジャンルで活躍した。

彼は、ジェームス・ブラウンの曲「エイント・ザット・ア・グルーブ」や「カンサス・シティ」でもプレイしている。

グルーブ感あふれる16ビートと独特のタイム感を持つシャッフルが特徴で、1990年代以降は、1970年代のブラック・ミュージックやジャズ・ファンクが再評価された中で”リスペクト”を受けるミュージシャンの一人となった。

・・・

Soul Drums Direction (1968)

Stand By Me Mega (1971)

Purdie Good Prestige (1971)

Soul Is … Pretty Purdie Flying Dutchman (1972)

Lialeh – Bryan (1973)

Shaft – Prestige (1974)

Delights of the Garden Celluloid (1975)

Purdie As a Picture – Kilarnock (1993)

Tokyo Jazz Groove Sessions – Lexington (1993)

Coolin’ ‘n’ Groovin’ – Lexington/West 47th 1993 (1993)

After Hours with The 3B’s – 3B’s (1993)

The Hudson River Rats – 3B’s (1994)

Kick N Jazz Drum Beat Blocks (1996)

Soul to Jazz I Act(1997)

(以上Wikipediaより参照引用)

バーナード・”プリティ”・パーディBernard Purdie、Bernard “Pretty” Purdie 公式HP